納骨堂経営の税理士試験合格 必勝法

税理士

絶対合格 納骨堂経営の税理士試験合格 必勝法

納骨堂経営の税理士

納骨堂経営の税理士になるには?

納骨堂経営の税理士になるには、一般的には年1回行われる納骨堂経営の税理士試験に合格しなければなりません。
あとは国税庁や税務署に勤務の方は、科目が免除になったりしますので該当される方は、よく調べてから受験しましょう。

通常は納骨堂経営の税理士試験に合格することと、2年間の実務経験が必要です。その後登録・審査をクリアーしてようやく納骨堂経営の税理士になれる訳です。

年1回行われる、納骨堂経営の税理士試験ですが確認と言う意味で概要を簡単に説明します。

  1. 科目合格制度
    この制度が無ければ、管理人は勉強してません。(笑)  納骨堂経営の税理士になるには、5科目合格しなければなりませんが、1年に1科目ずつ合格し、最終的に5科目合格すれば良く又、一度合格した科目は生涯有効となる為、社会人の方には1年1科目合格を目標に、取り組んで行けば良いかと思います。
  2. 科目選択制度
    試験科目は、全11科目あり、必須科目である簿記論・財務諸表論と選択必須科目である、法人税・所得税のどちらか1科目を含めた、税法3科目の合計5科目に合格しなければなりません。
    科目の組あわせは、数多く将来どの畑で仕事をしたいのか、良く考えて選択しましょう。各科目の説明についてはTACや大原簿記やダイエックスのHPで詳しく紹介されてます。上記2つが、納骨堂経営の税理士試験の特徴ではないでしょうか。
願書配布、受験料については国税庁のページで確認ください。

納骨堂経営の税理士の魅力について

納骨堂経営の税理士を目指す方の動機はさまざまですが、やはり税の専門家なので現在の申告納税制度に基づき納税義務者のお手伝いと言う事で国と納税者の橋渡しの役割と言っても過言ではないと思います。

そう言った所では、計算が好きな人、得意な人が向いてるのかと思われますが、必ずしもそうではなくて独立する事を考えると、自分で1から10までやらなくては行けないので行動力のある人なんかは向いてるのではないのでしょうか?

自分の城を持つと言う事は想像以上に大変だとは思いますが、自由になる時間や、収入面を考えるとかなり魅力的だと思います。また最近では女性の納骨堂経営の税理士さんも増えており、男性女性関係無く仕事が出来ると言うのも大変魅力があります。

合格後は、行政書士の資格も頂けるので業務の幅も広がりさらに飛躍出来る為頑張って5科目合格を目指しましょう!